濡れた足

「足が地につく」を探求する
1日限定オンライン体験セミナー


心の落ち着きやブレない自分を
見つけるための身体性

​足が地につく

気持ち考え方しっかりと安定しており、堅実で落ち着いている状態のことを「足が地に着く」と言います。昔の方は、心の状態と身体が密接に関わっていることを身をもって実感していたのだと思います。もちろん、心身が密接に繋がっているということは、現代に生きる私たちにとっても同じです。しかしながら、「足が地に着く」ということが、本当に心の在り方に影響していると実感している人は多くないような気がします。また、足が地に着く大切さを頭では理解しながらも、どうやってその身体性を得られるのか分からずに止まってしまっている方は多いのではないでしょうか?

日常でやってくる沢山の刺激に対し自分自身が落ち着き、柔軟かつ自分の芯を失わず応答できるようになるために「足が地につく」という身体性を学んでみませんか? 生涯に渡り、ここぞ!という時にあなたを助けてくれる力になるはずです。

「足が地につく」の誤解

地に足をつけようとして、足の筋肉にギュッと力を入れている人がいますが、そうではありません。大切なのは自身と大地の関係性であり、大地と繋がることです。その辺りを丁寧にお伝えしていきたいと思います。

上半身の緊張は下半身が原因かも!

上半身の緊張、肩こりでお困りの方の多くは、不調がある上半身に意識が集中しがちです。また、首や肩を回すなど上半身のエクササイズに留まっています。しかしながら、上半身の緊張は足が地に着いていないことが原因かもしれません。土台の不安定性は上体の緊張を生みます。色々試したけど上半身の緊張が手放せずお困りの方にもオススメのセミナーです。

24644BF9-23C9-4826-AF85-239BF4A5D7D0_1_201_a.jpg

講師 : 林好子 (Alexander Technique For Your Life代表)

身体を切り口にしながらも、その人がその人らしく、豊かに暮らすことをゴールに

分かりやすく、楽しく、丁寧に向き合う​、を大切に指導しています。

​<資格>アレクサンダー・テクニーク教師・理学療法士・LIABインストラクター、心臓リハビリテーション指導士、3学会合同呼吸療法認定士

​20年以上にわたり人の健康、動きの指導に従事。日本・アメリカ・ドイツ・スペイン・アイルランドでアレクサンダー・テクニークを学び、アレクサンダー・テクニーク教師の資格はアメリカで取得。アレクサンダー・テクニーク教師として、国内だけでなく、アメリカ・ドイツでも指導経験を持つ。​また理学療法士として急性期から慢性期、乳児から高齢者まで幅広く指導してきた。

書籍「より良い動きのための カラダの意外な見方・考え方」を出版。

<講師からのメッセージ​> 

自分自身が身体や自分の使い方で苦労した経験を活かして、わかりやすくお伝えしていきます。

皆さんの中にはたくさんの可能性が眠っています。自分が望む未来を見つけるための最初の一歩を踏み出してみてください。全力でサポートします。

Q & A

Q:動きのことを全く学んだことがないのですが、大丈夫でしょうか?

A:身体の知識ゼロ、アレクサンダー・テクニークの知識・経験ゼロで全く大丈夫です。どんな方にも分かりやすくお伝えします。

Q:セミナーは講義ですか?

A:講義も含んでいますが、実際に身体を使って体験もしていただきます。

​Q:1回の体験で地に足がつくようになりますか?

A:長年かけて身につけてきた身体と大地の関係性を変えることは簡単ではありませんし、繰り返し練習が必要なのは事実です。しかしながら、学ばなければ得られない新しい経験ができると思います。そして、変わるためのスタートが切れるはずです。確実に言えることは、何もしなければ、5年後10年後も変わらないということです。

Q:繰り返し一緒に練習する機会はありますか?

A:オンラインでエクササイズのクラスを繰り返し行っています。オンラインコースにご参加いただくことで、エクササイズにもご参加いただけます。

​Q:オンラインで本当に学ぶことができますか? 対面のレッスンの方が効果が得られる気がしますが。

A:多くの方は、「地に足がつく」という身体性を身につけるためにまず何をどうやったらいいののか、そもそも「地に足がつく」ってどういうこと?、というところで躓いています。つまり、身体の理解も大切ですが、頭の理解やリセットも必要ということです。その点は対面にこだわらなくても良いと思います。

また、対面レッスンではハンズオンを用いる(触れてワークする)ことで地に足がつくという経験をしやすくなるのは事実です。しかしながら、日常生活の中で、アレクサンダー教師がずっと触れてあげることはできません。自分自身で自分の体を整えていく力を身につける、自分で探求する力を身につけるためにも、ある種の距離感を持って学べるオンラインというのは効果的であり、私にとってはデメリットというよりメリットとして捉えています。

​オンラインで学んでくださっている
生徒さんからの声

女性・会社員

<オンラインで学ぶ前>

疲れやすく、またパソコン長時間使用もあり、慢性的に首の痛み、肩と背中のこわばりがあった。あまりにも症状がひどく、ヨガのポーズもできないほどだったのでとても困っていた。

<オンラインで学んで得られた効果>

上半身のマッピングや力の入れ方の思い込みなどが本講座によって上書きされた。また日々のエクササイズでコンスタントに学んだ知識を反映することができ、肩こりなどは起きてもその日のうちに解放させることができるようになった。またメンタル面でも慌てることなく落ち着いていて仕事を進めていくことができるようになった。

男性・会社員/音楽家

<オンラインで学んで得られた効果>

姿勢が良くなりました。猫背気味でしたが、かなり改善した気がしています。またトロンボーンが軽々と持てるようになりました。以前は補助器具を使っていましたが現在は補助器具なしで持てるようになりました。立奏での個人練習(約3時間)で疲れなくなりました。

女性・学生

<オンラインで学んで得られた効果>

身体や動きとの向き合い方が変化していく中で、たくさん挑戦したいことが増えていき、心まで健康になったような気がします。周りからは「きれいになったね」「やせた?」とよく言われるようになりました。何かを劇的に変えたという意識はないのですが、身体の動きと心の変化が日々の表情や表現に出ているのかもしれません。

女性・セラピスト

<オンラインで学んで得られた効果>

背骨が柔軟になり動かしやすくなった。

腰の痛みの減少。

仰向けに寝れるようになった(以前は寝れなかった)

​疲れにくくなった。

女性・会社員

<オンラインコースに参加して

ヨガなど体を使うレッスンの先生には、出来ないことを分かって頂けず(先生ご自身は、出来るので)、完成形を示して下さるばかりで解決や上達につながらないことが多いですが、林先生は分かって下さり、ヒントやアドバイスを頂けます。

また、分かりやすい言葉や文章でお伝えできず、感覚的な表現でしか表せなくとも、通じます。

長年の習慣は、なかなか変えられず、同じようなことを言い続けても、付き合い続けて下さいます。

体験セミナーではこんなことが学べます。
 

  • 「地に足がつく」とは

  • 「地に足がつく」を邪魔しているものとは

  • 「地に足がつく」ためのエクササイズ

  • ​ 日常への応用

こんな方におすすめ!!
 

  • 浮き足立っていつもどこか心が落ち着かず困っている方

  • 上半身の緊張が手放せずに困っている方

  • ブレない芯のある自分になりたいと思っている方

  • 物事に集中できず、気が散漫な状態

  • いつも時間に追われている気がして、焦燥感を感じている方

  • 心身を整え、やりたいことをチャレンジできるようになりたい方

  • ハウツー的なものではなく、動きの本質を学びたいパフォーマー(音楽家・ダンサーなど)や指導者の方

注意!!こんな方はご参加いただけません

このセミナーは自分自身で整える力を身につけていきたい方、本気で変わりたいと思っている方を対象にしています。

 

真剣に学ぶ意思がない方、​自分自身は努力せず治してもらいたいという方、偵察目的の方はお断りしております。

 

セミナー参加後、継続して学びたい、自身の課題を克服したいという方に説明会を開催しています。

体験セミナー開催日時

2022年7月3日(日)14時〜16時

5名限定!!

※いずれの日程も少人数で行います。先着順ですので、お早めにお申し込みください。定員になり次第、申し込みを締め切らせていただきます。

​※体験セミナー初めての方を優先とさせていただきます。

※人数に限りがありますので、当日のキャンセルはご遠慮ください。

参加費(体験特別価格):2000円

お申し込み後、お支払い方法をご連絡いたします。お支払いが完了した時点でお申し込み完了となります。


お申し込みはこちらから

​ご質問がある方はメールにてお問い合わせください。

<セミナー当日のご注意とお願い>

セミナーはZoomを用いて行います。PCまたはタブレットでの参加をお勧めします。

 

・カメラはオン、本名でご参加ください。

・遅れての参加、途中退室は基本不可としております。

・ながら参加(食べながら、移動しながらなど)は禁止としております。

・セミナー参加後、アンケートにご協力お願いいたします。

録音録画は禁止としております。

皆さんの身体・皆さん自身には可能性がいっぱいです。その可能性を引き出す一歩にしてみてください!