オンライン
体験セミナー

大地からのサポートを

受け取る

グラウンディングの質を高め

​深い休息・落ち着き、ブレない自分を取り戻す

IMG_0832.heic

​「足が地につく」
​本当に理解できていますか?

​「足が地につく」、聞き慣れた言葉ゆえに分かったつもりになっているということはありませんか?

​「足が地につく」とは、心の状態であり、身体の状態であり、存在の質です。ただコンセプトとして頭で理解するのではなく、身体が大地に休み、大地と繋がり、自分の内側の変化を伴うことが大切です。

​この体験セミナーでは、頭の理解だけではなく、体験を通して「足が地につく」ことを探求していきます。

こんなお悩みありませんか?
 

・普段から心が落ち着かず、理由もなく焦燥感を感じる方

・上半身が緊張しやすく、常に肩こりがある。

・歩いている時も立っている時も、身体的に不安定性を感じている方

・寝ていても大地に体を預けられない。休んでも疲れが取れない。

・長く立っているのが辛い。すぐに疲れてしまう。

・座り仕事でいつも腰や方周りが緊張してしまう。

​・どうやったら楽に姿勢を保てるのかが分からない。

・仕事に夢中になると頭に血が上り、仕事後もしばらくその状態が続く。

・タイムプレッシャーに弱い(時間のプレッシャーがかかると慌ててしまう)

​・人前に出ると浮き足立って、頭が真っ白になってしまう。

​・グラウンディングを指導しているけど、クライアントの良い経験を導けない。

体験セミナーに参加することでどんな効果が得られますか?

・日常で上半身の余分な緊張が軽減します。

・楽に姿勢を保ち、疲れにくくなります。

・休息の質が高まります。

・落ち着いて課題と向き合い、一つ一つのプロセスをこなすことができるようになります。

​・苦手な課題・刺激を前にしても、プレッシャーに負けない自分を見つけるヒントを得ることができます。

・指導する立場にいる人は、クライアントのグラウンディングの質を高めることができるようになります。

この体験セミナーで
​学べること

・足が地につかない人のよくある失敗・誤解を紐解いていきます。

・「足が地につく」身体性を得るため必要なことをステップを踏んでお伝えします。

・「足が地につく」ことを、経験を通して探求していきます。

・「足が地につく」質を高めるための練習方法をお伝えします。

講師 林好子

アレクサンダー・テクニーク教師
理学療法士
LIABインストラクター

 

こんにちは。林好子です。今回このテーマを選んだのは、私自身が長年課題としてきたテーマであり、自身の失敗体験と成功体験から、「足を地につける」質が私たちの身体はもちろん、心の健康、暮らしにとても大事だと身をもって感じているからです。

正直、簡単なテーマではありません。世間では言葉だけが一人歩きしていたり、簡単なことのように伝えられていると感じられることがありますが、私自身は自分の経験においても、指導者の立場としても難しいテーマだと感じています。しかし、この難しいテーマを誰よりもわかりやすくお伝えし、新しい経験を導きたいというのが私の目指すところです。今回アメリカに来て、探求を続け、新たな発見も得られたので、改めてこのテーマにチャレンジしたいと思います。

​ぜひ一緒に探求していただけたらと思います。

体験オンラインセミナー

​開催についての詳細

  • 開催日時:2022年11月23日(祝)14時〜16時

  • 定員:5名

  • Zoomを使用します

  • 参加費(体験特別価格)3000円

  • お申し込みはこちらから

​ ※参加したいけど日程が合わない方もお申し込みフォームをご記入下さい。追加日が設定された場合、優先的にご案内させていただきます。

参加時のお約束

​参加者全員が楽しくしっかり学ぶためにご協力下さい。

 

  • 参加者全員が安心して参加できるよう、カメラオン、本名でご参加ください。

  • ​〜しながらの参加はお控えください(食べながら、移動しながら)。

  • パソコンまたはタブレットでの参加をお勧めします。

  • 本気で変わりたいという方をサポートすることを大切にしていますので、偵察目的の方や、真剣に学ぶつもりがない方の参加はお断りしています。​
  • 他人を誹謗中傷するコメントはお控えください。
  • 途中からの参加や退室はご遠慮ください。
  • ​定員に限りがありますので、キャンセルはご遠慮ください。